慢性肩こり解消の第一歩~忙しくて整体院に行けない方へ~

 

 

 

擦って、揺らして、深呼吸とともに
肩こりがユルユル緩んで
「あなたを笑顔にする職人の竹内けいじです

 

 

「肩も首もコリコリで氣が重い!」

「頭まで痛くなってきた!」

「どこかの治療院に行来たいんだけど!」

「忙しくて出かける時間がない!」

「あ~自分だけの時間が欲しい!」

「また薬を飲んでシップを貼るしかないのかな?」

 

あなたはこんなことを呟いていませんか?

あなたの周りにもこんな方はいませんか?

慢性肩こりを解消するために

自分で出来ることは何でしょうか?

たくさんありますよね!

 

「散歩をする」

「PC・スマホの見すぎに気を付ける」

「肩を温める」

「ゆっくり風呂に入る」

「睡眠をよくとる」

「体操・ストレッチをする」

「瞑想・ヨガをする」

「水泳をする」

「食事に気を付ける」

 

思いついたままにいろいろと書いてみましたが

あなたはこんなことを思いませんでしたか?

「わかっているけどそんな事出来る暇がないわ!」

「のんびりそんなことが出来たら、そもそもこんなに肩こりにならないわ!」

そう言いたくなりますよね!

どうしても仕事に追われてのんびりできない

休日があっても、疲れて何かをする気になれないとか

自分だけの時間が持てないとかありますよね

肩こりがしんどいので自分で楽にしようと

睡眠・休養・運動・食生活の改善に気を付けようとしても

忙し過ぎると出来ない事ばかりです

毎日毎日、朝から仕事に行って帰ってきたら深夜過ぎで

少し寝たらまた朝が来る

 

極端ですが、僕もこういう生活をしていました

それで肩こりどころか

もう身体中のどこかがいつもおかしかったです

それで、身体を壊したことがきっかけで

整体を学ぶことになって整体師に転職しましましたが

なかなか仕事のやり過ぎは避けられないですからね

 

 

ゆとりの時間がなくて

散歩に出かけるのも

ゆっくり入浴するのも

水泳したくてプールに行くのも

睡眠とるのも、体操することもできません

PCはやらないと仕事にならないから

目を休めることもままならないですね

また、時間だけの問題ではなくて

現代人は自分で好むわけではなくても

何かをし過ぎる生活になっていますね

僕もその中の一人です

 

「仕事のし過ぎ」

「スマホの見過ぎ」

「食べ過ぎ」

「飲み過ぎ」

「薬の取り過ぎ」

「考え過ぎ」

 

いろいろありますね!

何かをし過ぎることも、慢性肩こりの原因になっています

何かに偏ればバランスが悪くなりますからね!

「どうしたらいいですか?」

こんな風にもし尋ねられたら

「深呼吸をしてください」

「深呼吸でなくてもいいから

 呼吸に意識を持ってください」

「呼吸が止まっていないかチェックしてください」

「肩を下げながらゆっくり吐いてください」

こんなことをアドバイスします

時間がなくても誰でも呼吸はしています

呼吸に意識するだけで身体の状態は変わってきますよ!

自律神経がおかしくなって身体の不調が始まります

自律神経の乱れを元に戻すことで

大事に至らない身体にしましょう

おかしくなった自律神経をリセットする第一歩が

呼吸を意識することだと思っています

 

「息が詰まる」
こんな言葉を聞いたことありませんか?

「詰まる」と聞くとあまり良いことがないイメージがありませんか?

水をはじめとして、エネルギーは流れているから健全だと思います

水が詰まって流れないと腐るように

身体の氣血も流れないで詰まっていると・・・・・

そこが おかしくなると思いませんか?

それを(流れが悪いですよと)身体がお知らせしてくれる

そのひとつが肩こりではないでしょうか?

まずは息が詰まらないように

呼吸に意識して「フ~ッ」と息を吐いてみてくださいね!

そして、肩を下げるのをお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です